• 長くお休みをいただいている間、お茶に関する仕事に携わった。日本では、緑茶が定番だが、ヨーロッパでは、フルーツやお花の香りのついたアロマティーが主流だ。フランス各地にお茶専門店が増え、コーヒーから紅茶、緑茶へと関心を持つ人も増えた。体調が優れないときでも、お気に入りのアルザス陶器で飲むお茶は、美味い。心が落ち着く。そんな中、北海道の母が、すごくよかったと、昨年日本で公開していたお茶の映画の本を送って... 続きを読む
  • キッチン、水まわりに利用できる、アルザスの陶器製タイル。絵柄は、レトロであったかい。家具の引き出しなどにも利用できる。サイズ:25cm×25cm、15cm×15cm、調整可... 続きを読む
  • フランスアルザスの陶器はあったかい。食卓を囲む場にいつもあった陶器。病気のときも、陶器を使っていると気持ちがあたたかくなる。私の住むアグノーにある、広大なアグノーの森は、陶器の土が取れることでよく知られる土地だった。古くは、12世紀にフリードリヒ1世が、この土地の陶器に言及している。この土地で採れる土から作られた陶器のフライパンは、耐熱性が高い。卵をわってみた。ホタテを焼いてみた。そのまま食卓に運べ... 続きを読む
  • 人生で、100以上泣く理由を与えられたなら、1000以上笑顔になれる理由があることを示せ。サイズ:25cm×25cm 厚さ:2cm 重さ:1.6kg... 続きを読む

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR