アルザスの陶器製フライパン

フランスアルザスの陶器はあったかい。
食卓を囲む場にいつもあった陶器。
病気のときも、陶器を使っていると気持ちがあたたかくなる。

私の住むアグノーにある、広大なアグノーの森は、陶器の土が取れることでよく知られる土地だった。
古くは、12世紀にフリードリヒ1世が、この土地の陶器に言及している。
この土地で採れる土から作られた陶器のフライパンは、耐熱性が高い。

卵をわってみた。
フランスの陶器製フライパン

ホタテを焼いてみた。
陶器製のフライパン

そのまま食卓に運べて、温かいまま、時間をかけて食べられる。
とにかくあったかい。

陶器製ミニフライパン
直径:15cm 取っ手部分の長さ:7cm 厚さ:3cm 重さ:530g

Commentaire

Commentaire privé

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。