FC2ブログ

ストラスブールを歩く・19―ロアン宮殿宴の間

内部には装飾博物館、美術館、考古学博物館があり、貴重なコレクションを展示している。

装飾博物館に入ってすぐの舞踏会の間では、今も重要な政府行事が行われている。
ミッテラン元大統領、元シラク大統領、エリザベス女王、オバマ元大統領、サルコジ元大統領も、この豪華絢爛な広間で時を過ごした。大広間はヴェルサイユ宮殿にもひけをとらない。
宴の間
19世紀の初めには、ナポレオン一世夫妻が滞在したこともあった。

詳しくは、博物館入り口に置いてある親切なガイドブックをご覧ください~
案内

「ストラスブールを歩く」は、まだまだ続きます。
ロアン宮殿に関する記事は、こちらから
ストラスブールを歩く・17―王から息子へ
ストラスブールを歩く・18―マリー・アントワネットにまつわる秘話
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR