fc2ブログ

世界一有名な彫刻を作ったのはアルザス人

1834年8月2日、アルザスのコルマールに生まれたフレデリック・オーギュスト・バルトルディ。
資産家の家庭で生まれ育ち、数多くの彫刻作品をフランス各地、世界に送り出した。

バルトルディの彫刻
彼の生家、バルトルディ美術館。見事な門構えの入口前には、『世界の大いなる支え』の像が置かれ、「」「労働」「祖国愛」を表す3人が、地球を支えている。

バルトルディの彫刻
バルトルディの最初の作品。コルマール生まれのナポレオン戦争の軍司令官、ジャン・ラップの像。彼は戦場でナポレオン1世を幾度も助けた。

バルトルディの彫刻
バルトルディが普仏戦争後に作ったベルフォールのライオン。1870~1871年、アルザスの一部であったベルフォールの町は、プロイセン軍による包囲戦に103日間抵抗し、フランスに留まることになった(よって、アルザスから切り離された)。バルトルディは、「この怒りに燃えるライオンは、守りのエネルギーを称えたものであって、勝敗を象徴したものではない」と語っている。

バルトルディの彫刻
コルマールの頭の家のてっぺんに置かれたワイン生産家の像。美術館以外にも、彼の作品がコルマールの広場や建物を飾っている。
9点見つけてみよう。

バルトルディの彫刻
世界一有名な彫刻作品の試作品。

そう、バルトルディは、『自由の女神像』の作者なのだ。
彼は、自分の母親をモデルに、この像を作った。
パリで仮組みが完成され、アメリカ合衆国の独立100周年を記念して、フランスからアメリカへ運ばれた。
バルトルディの彫刻
この像は、アメリカを表現したものではない
この像が象徴する「自由」と「人民の人民による人民のための政治」には、世界はほど遠い。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR