fc2ブログ

三浦綾子とキリスト教

1922年4月25日、北海道旭川市に生まれた三浦綾子。
今日で生誕100周年となる三浦綾子は、同郷の、私が人に一番におすすめしたい作家である。
三浦綾子文学記念館

7年間、小学校教師として軍国教育に献身し、戦後に罪悪感と絶望を抱いて退職した綾子。
結核で13年間の療養生活を送る中、キリスト教に出会い、洗礼を受けた。
敬虔なプロテスタント教徒として知られ、彼女の残した小説、エッセイには、聖書の教えが直接的、間接的にふんだんに盛り込まれている。

三浦綾子の氷点
ドラマ化もされ、大ヒットした『氷点』。テーマは原罪。「汝の敵を愛せよ。」

三浦綾子の塩狩峠
列車事故の実話を元にした『塩狩峠』。人間の成長。「義人なし、一人だになし。人はみんな、神様の前に決して正しくはない。」

三浦綾子の銃口
綴り方事件、第二次世界大戦の証言を元にした『銃口』。戦争の不条理の中で。「愛を追い求めよ。」

三浦綾子の聖書入門
『旧約聖書入門』『新約聖書入門』
全ページに下線をひきたくなる聖書入門本。聖書を一度も手にしたことのない人、読んではみたいが難しそうで読めないと思っている人に。三浦綾子が、自身の日々の経験を交えて、感じたり思ったりしたことを、率直に書いている。
スポンサーサイト



コメント

M.Tanaka

旭川から
最初のお写真は三浦綾子記念館ですね。
ここのすぐ近くに、2Platsってフランス料理店があるのですが、お手頃で美味しく
よいアルザスワインも置いてくれてます。
旭川に帰省されることがあれば、ぜひ

ぶるぐれんとうざき

ありがとうございます。
情報ありがとうございます。
アルザスワインが旭川でも楽しめるのですね!
ぜひ行きたいです!!!
非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR