fc2ブログ

ルターのしたことから考える。今の世界で、私ができること。

今日は、聖レオの日。カトリック教徒は、聖人として様々な人を崇め、365日の1日1日に聖人の名前をあてがっているが、プロテスタント教徒は、聖人を崇めない。

そんなプロテスタント教徒にとって、なくてはならない人が生まれた日。
1483年11月10日、ドイツのアイスレーベンで生まれ、1546年2月18日、アイスレーベンで亡くなったマルティン・ルター
誰もが知る、宗教改革の生みの親である。
ルターの薔薇
ルターの薔薇。
喜びと平和を表す白いバラ、キリストの黒い十字架、キリスト教徒の赤いハート、聖霊を表す金色の炎、永遠を表す金色の輪、背景に青い天が描かれている。

彼は洗礼日がトゥールのマルティヌスの日(11月11日)であったことにちなんで、マルティンと名付けられた。
トゥールのマルティヌスは、殉教をせずに列聖された初めての人物。
337年のある非常に寒い日、ローマ軍の兵士であったマルティヌスは、半裸で震えている物乞いに出会った。気の毒に思ったマルティヌスは、マントを2つに引き裂いて、半分を物乞いに与えた。翌日、このマントをまとったイエス・キリストが夢に現れた。マルティヌスは受洗し、軍を除隊し、伝道活動を積極的に行った。
聖マルティヌス
聖マルティヌスを描いたオークニグスブール城の礼拝堂のステンドグラス。

司祭であり大学講師であったルターは、1517年10月、当時「城教会」と呼ばれていた小さな大学町の教会の北側に、1枚のポスターを貼り出した。(最初はラテン語、次にドイツ語で)
標題は、『贖宥(しょくゆう)の効力を明らかにするための討論』(後に『95箇条の提題』と呼ばれた)。当時カトリック教会が発行していた「罪の償いを免じる文書(贖宥状)」を徹底的に批判し、議論しよう、というものだった。
ルター
「お金が箱の中でチャリンと鳴るや否や魂は天国へ飛び立つ」なんて嘘っぱち!

ルターが、箇条書きの文書を掲示した場所は、新設間もない小さな大学の広報掲示板だった。
ルターは、大学の正規の手続きに従って、正規の場所に、討論を呼びかけた文書を掲示したに過ぎなかった。
しかし、この文書が発端となって、宗教改革と呼ばれる運動が広まった。
教会の掲示板
アグノー教会の掲示板。

カトリック教会は、ルターを破門した。
待つ城
ゲーテ街道沿いにある、ヴァルトブルク城、別名「待つ城」。
ザクセン選帝侯フリードリヒ3世は、帝国追放を宣言されていたルターをこの城に保護した。
城外に出ることができない中で、ルターは、ヘブライ語、ギリシャ語から新約聖書のドイツ語訳を完成し、1522年に印刷した。
グーテンベルグの活版印刷術が実用化されていたので、この聖書は、世界中に広まった。

ルターがしたことは、聖書を、ほんのごく一部の人しか読めない言語ではなく、みんなが話しているドイツ語にすることだった。聖書をキリスト教の唯一の源泉にしようと呼びかけた。
人々は、聖書を読むために努力して勉強した

ヨーロッパの他の国でもそうなのだが、宗教改革前、人々は、その国の言葉で話すことはできても、読み書きはさっぱりだった。宗教改革の後、ヨーロッパの識字率は、ぐんと上がった。
ルター
ルターの思想は、聖書やビラ、讃美歌によって広まった。(教会に、みんなで歌えるドイツ語の讃美歌を取り入れたのも、ルター。それまではラテン語だけだった)
その独自の思想の裏には、長い長い時間をかけて先人たちが積み上げてきたもの、ルター個人の苦しみと努力があった。

今の時代に、必要なのは、プロパガンダでも、イデオロギーでも、国民的英雄でもない
夕陽に照らされる道
自分を見失いそうになるとき、私は、夫のおばあちゃんの言葉を思い出す。
今の私ができること。
それは、今まで自分が通ってきた道を振り返ること。
Si dans la vie, tu ne sais plus qui tu es ni où tu vas,
Retourne-toi, et regarde d’où tu viens.


11月10日又は11日に、アルザスの一部やドイツで、毎年祝われる聖マルティヌスのお祭り。
第一次世界大戦休戦記念日と重なってしまい影が薄れているが、聖マルティヌスのお祭りを、もっとフランスで祝ったらいいのに…。ハロウィンより、ずっと素朴で面白い。
聖マルティヌスの祭り
本来、子供たちは、自分で作ったランタン(提灯のようなもの)を提げ、歌を歌いながら、家々を周る。
北海道の「ろうそく出せ」にそっくりだったりして。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR