fc2ブログ

あなたにB'zを

今日2月26日は、B'zの日。アルファベットで「B」が2番目、「z」が26番目だから。

1988年にデビューした日本を代表するロックユニットB'z
名前の由来は色々あって、インターネットで調べると出てくるが、
実は「Bises(フランスの「ビズ」)」に由来があったりして。
「B'z」は、今みたいに「ビーズ(Beesみたいに)」じゃなくて、昔は「ズ(Bisesみたいに)」と最初の音にアクセントをつけて発音されていたらしいから…。
ビーズ

そこで今日は、フランス人に欠かせない「ビズ」について、少し紹介したい。
ビズ(Bise、Bisou)とは、フランス語でキスのこと。
フランス人は、挨拶のキスを日常的に行う。(友人同士は頬にキス。恋人同士は口にキス)
タッチ
あだち充のマンガ『タッチ』のキスは最高!

挨拶のビズでは、相手の頬と自分の頬を触れ合わせ、唇でチュッチュッと音を鳴らしてキスするフリをする。一般的に、左頬と右頬に1回ずつだが、地域によって回数やスタートする頬は様々。
普段の生活では、女性・女性、女性・男性の間でする場合が多いが、仲がいい友達だと男性・男性の間ですることもある。(普通は男性同士は握手)
タッチ
ビズは、家族や友人はもちろん、初めて会った人や、職場の人にもする。
このキス文化、日本人には驚きだろう。
でも、家族はもちろん、友人、職場の人とも一緒に温泉に入れる日本人の文化も、フランス人には驚きらしい。

ビズというと、私は、ユダの接吻を思い出す。
裏切り者のイスカリオテのユダは、イエスを捕まえる合図として、イエスの頬に接吻をした。
ユダの接吻
ギュスターヴ・ドレ作『ユダの接吻』
こんな接吻なら、無い方がいいけど。
日本で「Biz(ビズ)」というと、「ビジネス」の意味だ。このユダのビズは、まさに仕事上のキスだった。


ビズについての知識を深めていただいたところで、
B'zが今から30年前に発表した13枚目のシングル『裸足の女神』を紹介したい。

ニューヨークの「自由の女神」は、アルザス人だが、サンダルを履いている。
裸足の女神は、何人だろう?

私が一番に想像する裸足の女神の一人は、『アルプスの少女ハイジ』。
アルプスの少女ハイジ
女神には、大人だとか子供だとかの概念がないのだって。

もう一人は、広島出身の中沢啓治のマンガ『はだしのゲン』の母。
はだしのゲン
戦火の中出産した裸足のゲンの母。
作者の実際の被爆体験を基にしたこのマンガを読んで、私は原爆の恐ろしさを知った。

8月6日は、アメリカ軍によって広島に原爆が投下された日だが、
私にとっては、かけがえのない人を失う悲しさと恐ろしさを知った日である。
B'zが何よりも好きだったあの人。
せめて「傷を隠さないでいいよ」「一人で泣かないでもいいよ」と言えていたら、よかったよね。
屋久杉

ここまで来るのには、すごく時間がかかったけれど、また大切な人ができたよ。
裸足の女神は、あなたかもしれない。
あなたにB'zを!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR