fc2ブログ

誘惑に打ち勝て!

日本人には馴染みがないが、今は、四旬節である。四旬節とは、復活祭の40日前の水曜日(灰の水曜日)から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間を指す。
誘惑
四旬節の期間は、本来、復活祭に備え、祈りを深め、物欲を断ち切る期間。この40日間の食事は、より質素にし、特に動物性食品は制限する。しかし、現代では、これを行っている家庭は非常に少ない。

その昔、洗礼者ヨハネから洗礼を受けたイエスは、荒野に導かれ、40日間、悪魔から誘惑を受けた。(新約聖書)
誘惑
その1:食欲に訴えかける誘惑
その2:「神のちからを試してみろ」という誘惑
その3:「栄光を手っ取り早く手に入れられるよ」という誘惑
イエスは、3つの誘惑を退け、公の活動を始めた。

イエスが十字架にかけられ復活するのは、この約3年後。
四旬節の40日という日数は、この誘惑の40日間に対応している。

とにもかくにも、人間は、誘惑に弱い。
誘惑
イヴは蛇の誘惑に負け、楽園から追放された。(旧約聖書)

ゲッセマネの祈りで、イエスは弟子たちに「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い」と言った。(新約聖書)
ゲツセマネの祈り
マルティン・ションガウアー作『ゲッセマネの祈り』
だが、弟子たちは、寝てしまった。

人生には、色んなところに、誘惑が存在する。
「誘惑」と言うと、私は、北海道函館市出身のバンドGLAYの『誘惑』を思い出す。

ここでGLAYとヴァ―バンについて、おさらい!
---
グレイは、1988年に小中高の友達同士で結成したバンド。メンバー同士仲が良く、いい仕事仲間の関係を今も続けている。

北海道函館市といえば、五稜郭!冬は雪が積もり、春は桜が咲き乱れ、美しい。
五稜郭

五稜郭は、19世紀に建てられたヴォーバン式城郭
17世紀後半にフランスのルイ14世の技術顧問であった建築家ヴォーバンが発展させた星型要塞を基にした。
五稜郭
19世紀、箱館戦争で、旧幕府軍が降伏するまで、使用された。

同じくヴォーバンの防衛施設がある町、ストラスブール。
ヴォーバンダム
こちらのヴォーバンダムは、17世紀、ヴォーバンが現役のときに建てられた。
水門を閉めてイル河の水を溜め、洪水を起こし、敵の攻撃を防げるようにしていた。19世紀の普仏戦争のときに実際に利用されたが、最終的には、ドイツ軍がストラスブール市内に入り、水門を開けた。
---

今から25年前に発表されたGLAYの13枚目のシングル『誘惑』。
この歌は、現代にありがちな誘惑をとてもよく表していると思う。

仏教の開祖である釈迦(仏陀)は、美しい娘たちによる誘惑を受けたが、誘惑に打ち勝った。

理性は、感情にたやすく負ける。
ヴォーバン式要塞を築いても、中に入られたら、それまで。
悪魔は人々に忘れられることによって、おのが存在を現す。
苦しいときの、神頼み。苦しくないときも、神頼み。
誘惑
ウルトラマンも神頼み。

キリスト教徒の祈りでは、「誘惑に陥らせず、悪からお救いください」と言う。この一文、夜寝る前とかに祈るのにはいいが、誘惑に迫られているときには、ちょっと長すぎて、唱えづらい。
誘惑に打ち勝つのにぴったりの日本語を、ここに一語で紹介したい。
悟れ!」
笑うセールスマン
ドーン!
誘惑に身を任せた先に待つのは、(財産的、精神的、社会的な)身の破滅。
子供のとき見た藤子不二雄Ⓐのアニメ『笑ゥせぇるすまん』、本当怖かったなぁ…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR