• 今日2月26日は、B'zの日。アルファベットで「B」が2番目、「z」が26番目だから。1988年にデビューした日本を代表するロックユニットB'z。名前の由来は色々あって、インターネットで調べると出てくるが、実は「Bises(フランスの「ビズ」)」に由来があったりして。「B'z」は、今みたいに「ビーズ(Beesみたいに)」じゃなくて、昔は「ビズ(Bisesみたいに)」と最初の音にアクセントをつけて発音されていたらしいから…。そこで今日... 続きを読む
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます。1月1日、神道では歳神(としがみ)様を、カトリックでは聖マリアをおまつりする。こんな特別な日なので、今日は「魔女」について考えたい。ニーデルマンステールの聖マリア修道院。「魔女」という言葉が日本に登場したのは、ゲーテの『ファウスト』が翻訳されたとき。そのおどろおどろしい世界は畏れられたもの。以降、魔法使いが登場するマンガ、アニメ、ドラマ、映画が無数に作られ、その垣根... 続きを読む
  • 今日5月8日は、ヨーロッパ戦勝記念日(ヨーロッパで第二次世界大戦の終結を記念する日)。ドイツ、スイスと国境を接するアルザスから、ドイツ(フランクフルト)とスイス(アルム)を舞台にした『ハイジ』について書きたい。季節によって移り変わるアルプスの雄大な風景、天真爛漫に山を駆け巡るハイジ、山小屋で食べるとろとろのチーズ、ふかふかの干し草のベッド、鳴り響く教会の鐘の音…。日本のアニメ『アルプスの少女ハイジ』... 続きを読む
  • 1832年1月6日、アルザス地方ストラスブールに生まれたポール・ギュスターヴ・ドレ。幼少期からその才能を発揮し、デッサン、油絵、水彩画、版画、彫刻などを手がけた。『法廷から退場するキリスト』大きな作品もよいが、彼の作品は、なんといっても挿絵が素晴らしい。彼の絵を見ると、話が聞きたくなる。本に触れたくなる。読みたくなる。聖書だって読みやすくなる。物語の世界観を壊さずに、ときに繊細に、ときに豪快に、作品を際... 続きを読む
  • 小さい頃、私がフランス革命について知ったのは、歴史の授業からではなく、マンガからであった。1947年12月18日生まれの池田理代子が描いた『ベルサイユのばら』。18世紀のフランスを舞台にした大恋愛物語である。1970年代に週刊マーガレットで連載され、その後、兵庫の宝塚歌劇団により舞台化され、テレビアニメ化され、大ヒットした。同マンガに描かれていた異性装、不倫、同性愛、自殺などは、子どもの頃の私にとって大変なショ... 続きを読む

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR