• 今日は、ウクライナとジョージアとアルメニアを代表する監督の生誕100周年記念日。1924年1月9日、ソ連グルジア共和国(ジョージア)で生まれたセルゲイ・パラジャーノフ。斬新な映像表現で国際的な注目を集めた(とされる)アルメニア人映像作家、映画監督である。彼の名を有名にした『火の馬』や『サヤト・ノヴァ(ざくろの実)』を見たが、あまり面白くなかった。(北海道のアイヌのムックリにそっくりな音の楽器が登場したとこ... 続きを読む
  • 今日12月18日は、ブラピことブラッド・ピットの誕生日だ。今年60歳を迎える。彼の代表作は、狂気的、暴力的な作品が多い。目を覆いたくなるような作品も、カッコいいブラッド・ピットを見るために、なんとか目を開けていられる。内容は、結構、考えさせられるものが多い。クエンティン・タランティーノ監督『イングロリアス・バスターズ』背景のドイツ占領下のフランスって、アルザスのことかしら?ところで、タランティーノ監督は... 続きを読む
  • 1923年10月4日に生まれたチャールトン・ヘストン。今日は、彼の生誕100周年を記念して、私の独断と偏見から、チャールトン・ヘストンを紹介したい。チャールトン・ヘストンは、1940年代~2000年代の大御所俳優。スキャンダルもなく誠実な人柄で、俳優仲間からの信望も厚かったことで知られている。キリスト教徒で、1944年に女優のリディア・クラークと結婚し、自身が亡くなるまで64年間連れ添った。これって、かなりすごいこと!な... 続きを読む
  • 9月13日は、北海道旭川市出身の玉置浩二の誕生日。昔は、「なんて田舎臭さ全開のアーティストだろう。さすが旭川…」と、私と家族は冷めた目で見ていた。今では、日本中のアーティストから尊敬される超一流アーティストとして、仙人のような風貌で活躍している。旭川が誇るアーティストである。『メロディー』は、玉置浩二がソロで活動するようになって、今から27年前に発表した10枚目のシングル。「あの頃は何もなくて、それだって... 続きを読む
  • 今から100年前、1923年3月22日、ストラスブールのユダヤ人家庭に生まれたマルセル・マルソー。沈黙の詩人と呼ばれた、近代パントマイムで最も有名な人物である。5歳のとき、チャーリー・チャップリンを見たことがきっかけで俳優を志した彼。1947年に、キャラクター「ビップ」を誕生させ、山高帽に一輪の赤い花をさし、真っ白な顔で、世界中に笑いを届け続けた。彼は、第二次世界大戦中、ナチスドイツの傀儡(かいらい)政権であっ... 続きを読む

ぶるぐれんとうざき

あるざすかいのブログへようこそ !
フランスの東端アルザス地方の伝統と文化を伝えるため、毎日の生活や読みものから得た情報を独自の視点でお伝えしていきます。

ブログ内検索

QRコード

QR